国際人を育てる

先生と生徒

国際化が進む世界において、すでに英語は世界共通語となりつつあります。英語を話せることは、国際人として活躍するための必須要件であり、今や当たり前となりつつあるのです。国際人を育てる上で重要なことは、幼少期から英語に触れさせて自然と語学をマスターすることにあります。やはりスタートが早ければ早いほど語学を学ぶことに適した状況にあることは、様々な言語学の研究で指摘されているのです。日本でも、小学生の英語教育に力を入れていますが、それだけでは教育が十分であるとは言えません。やはり私塾に通いながら専門的に語学を学ぶことで、しっかりとした語学力を身につけることができます。国際人を育てる上で、英語は外せないのです。

海外の文化に早い時期に触れる

授業

早い時期に外国の文化に触れることは、国際的なバランス感覚を養う上でとても重要なことです。できれば就学前から英語の学習を始めることが好ましいですが、小学生でも遅くはありません。小学校の低学年であれば、まだ脳が柔らかくて語学の吸収も早いと言われています。日本国内で英語を学ぶ場合であっても、親がきちんと環境を整えてあげることができれば、英語を身につけることができるのです。最近では、日本人でもアメリカンスクールに通う子供が増えています。

バイリンガルを目指す際の注意点

授業

バイリンガル教育をする上で注意したいのが、セミリンガルにならないようにすることです。セミリンガルというのは母国語も外国語にも自信を持てず、思うように言葉を使って自分の言葉で表現ができない事を言います。ハーフの子供にありがちなのがセミリンガルで、最近では英語教育が加熱する日本国内においてもセミリンガルの子供が増えています。バイリンガル教育は年齢との勝負なので、最低でも小学生の低学年までには完成することが大切です。

ネイティブに学ぶ重要性とは

英会話子供

英語教育で重要なことは、やはりネイティブに学ぶことが大切です。海外の文化に触れるよい機会にもなるだけでなく、英語に対する感覚を磨くことになるからです。言語教育は早いほうが良いと言われるため、小学校からアメリカンスクールに通うことも一つの選択肢となります。すでに英語を話すことができるということは、当たり前の世界になりつつあります。当たり前のように英語を話せるようになるためには、環境を整えることが第一です。そのため、アメリカンスクールへの入学は語学を学ぶ優れた機会になるのです。脳が柔らかい小学生から英語をスタートすることで、語学に対する優れた感覚を磨けるのです。

広告募集中